相手にプレッシャーを

債権回収において、弁護士相談することが、適切な手続きの選択です。弁護士に依頼するから、事案に応じて臨機応変に手続きを選択することが出来るようになります。任意で回収すべきか、迅速に強制執行すべきかなどの問題を、素人目の頼りない判断で簡単に出来るはずはありません。
債権回収は、民事保全手続きを選択するという場合において、裁判所に迅速に申立てをする必要が出て来ます。法的問題点に対する対応に迅速に対応出来る人間は、やっぱり法律のプロフェッショナルである弁護士に過ぎないのです。

弁護士に相談しようかという迷い以前に、弁護士に相談するのが当たり前の選択という流れが現在出来上がっているのです。ここでもたつくことになんの意味があるのでしょうか……。債権回収をするとは、弁護士依頼をしなければ、債権回収される側も、適当にやっていれば、支払いはせずに済むと、ちょっと小馬鹿にしたような気持ちでいるかもしれません。

弁護士からもしも、通知が来れば、相手は、本気で債権回収をしようとしているなという思いを必ず持つことになります。支払いしなければ、次は裁判になってしまうかもという恐怖感が沸いてくることにもなります。相手にプレッシャーを与えるためにも効果的方法です。